ポスター作成を円滑にする仕様書の作成

“ポスター作成を請負う制作会社では、ポスター作成を円滑にするための仕様書を作ることがあります。
この仕様書について、どのように作成するべきであるかちゃんと理解しているでしょうか。
意外に多いことですが、この仕様書というものが、実際には形式的な作成にしかなっていないことが多いことです。
これではせっかく作成する意味がありませんので、やはり意味あるものとして作成したいところです。
では、仕様分を意味あるものとして作成するためには、どうしたらいいのでしょうか?
一つは、作成する目的を明確にしておき、それを作成者がよく認識しておくことです。
例えば、仕様文を作る目的には、それによって顧客の要求を確認できるようにすること、テスト仕様文の元にできること、仕様のリアリティーを確認することなどがあります。
作成者が何のために作成するのかを理解していなければ意味がありませんので、まずは目的をよく理解しておくようにしましょう。
さらに重要なことは、仕様文を作成することを目的にしないことです。
あくまでもポスター作成の仕様を理解してもらうために作成するのであり、仕様文そのものが狙いではありません。
全ては良質のポスターを仕上げることを目的にしたものなので、それを実現させるためのツールと捉えるべきです。
仕様文の作成について考えるときは、ぜひこのような認識を持つようにしましょう。
仕様文は手段であって、それ自体が目的ではないということです。”

失敗しないポスター作成のポイント

“商業用に大型のポスターを作成する場合、大抵は制作会社に依頼してポスター作成を行ってもらうのが普通でしょう。
しかし、ここで気をつけなければならないポイントがあります。
それは、どんな会社にポスター制作を依頼するかという問題です。
その問題をクリアすることができれば、質の高いポスター作成を行うことができますが、クリアできなければ逆の結果になってしまうかもしれません。
簡単にいえば、良い業者選びを行うことが、ポスター作成を失敗しない方法であるということです。
では、業者選びで失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか。
まず、どんなポスターを作りたいのか、こちらの方針を明確にしておくことです。
こちらのコンセプトがはっきりしていれば、どこの業者に任せたほうがいいのかはっきり見えてくるからです。
ですからまず最初に、作りたいポスターのイメージやコンセプトを考えて確認しておきましょう。
次に、いよいよ業者選びとなりますが、ここでポイントになるのは、業者ごとに得意な分野と不得意な分野を見分けるということです。
これができなければ、質の悪いポスターになってしまうかもしれません。
なぜなら、こちらが依頼する内容を得意にしていない会社に作成を任せてしまう可能性もあるからです。
そうなったら希望通りのポスターにはなりませんので、ちゃんと依頼する内容について得意分野にしている、またはその分野で実績豊富な会社に依頼するようにしなければなりません。
ですから、その会社の得意分野と不得意分野を見分けることはとても重要になります。
ポスター作成を成功させるためには、こうした業者選びにおいて失敗しないことです。”

ポスター作成に必要な費用の相場は?

あらゆる宣伝やコンサートなどのイベント告知、会場案内など、ポスターが必要とされる場面はさまざまです。いずれも、内容を分かりやすく伝え、さらに人目を引くデザインである必要があります。やはり、ポスター作成を専門に扱うプロに依頼するのが確実かも知れません。プロに依頼すれば豊富なデザインを選択できますし、地図や写真、イラストを入れることも可能です。それでは、プロにポスター作成を依頼した場合、かかる費用の相場はどれくらいになるのでしょうか。
ポスター作成にかかる費用は、ポスターの大きさ、使用する紙の種類、紙の厚さ、使用するカラーで変わってきます。例えば、普通紙のA3サイズであれば、一枚あたり1700円ほど、これがA0サイズの大きさになると9500円くらいになるようです。また、屋内用バナー紙の場合はA3サイズが3000円、A0サイズが10500円くらいです。また、粘着シートタイプであればA3サイズが3200円、A0サイズ10200円ほどです。
屋外用ポスターは、雨に濡れてもいいように、紙の種類も特殊なものを使用するため、価格も高くなります。屋外用で、不織布タイプであればA3が5500円、A0が17500円ほどです。
一般的に、ポスターをまとめて複数依頼すれば、その分一枚あたりの費用は安くなります。また、白黒よりも、カラーバリエーションを選択したほうが価格は高くなります。また、ポスターに存在感を持たせるために変形サイズのものにすることもでき、その場合も価格が高くなります。