ポスター作成にはある程度の解像度が必要

Pocket

“ポスター作成の際、イラストや写真などを掲載するのであれば、必ず気をつけなくてはならないのが解像度です。 この解像度とは、その写真やイラストなどがいかに鮮明で細かいデータを持っているかというようなことを表したものです。 一般的な印刷物の場合は、実はこの改装度は300程度となっています。300と言うと、それなりの画像ではあります。ただし、写真の印刷などには特に問題はありませんし、写真を普通に作成するときにも特には問題がないことも少なくありません。 ただし、今回はポスター作成の際に必要な解像度でしょう。この場合は、例えばポスター作成の場合にはもっとキレイな画像のほうがほしい、となる場合もありますし、写真をつかう面積もいかんせん大きくなりがちなので、やはり画像はある程度大きいのに越したことはありません。 また、写真集などに使うようなキレイな写真の場合は600とも1200とも言われています。画像をしっかりとしたキレイなものがいいというのであれば、そのくらいの大きさが必要とも言われています。これは普通のデジタルカメラなどでもある程度出来るものではありますが、設定をしっかりとしておかなくてはなりません。 もし、あなたがポスター作成をするときにどのくらいの物が必要かはしっかりと素材提供者に確認しておきましょう。あるいは、印刷所にどのくらいのデータが必要かを聞いておいてもいいでしょう。画像をキレイにしたいのであれば、なるだけ良いものをのせるほうが確かにキレイになります。”